蔵王熊野岳・蔵王沢雪崩調査に同行

 平成22年3月12日午後2時過ぎ、山形県上山市の蔵王連峰にある中丸山(1532m)近くの北側斜面で、山スキーをしていた男性が雪崩に巻き込まれ、翌13日午後2時22分男性の死亡が確認されました。

img023.jpg

 3月13日、山形県新庄市にある防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター 新庄支所の依頼を受け
研究員2名と調査に同行、現地で日本雪崩ネットワークの会員と合流し、雪崩現場と同じ標高、方位
斜面、植生の似通っている蔵王スキー場パラダイスゲレンデ・三宝荒神山付近で合同の積雪断面調査
を行ないました。

 翌3月14日には日本雪崩ネットワーク会員3名、当会会員2名が現場の調査に同行。
 雪崩の状況・概要は次の通りです。

 種 類: 面発生乾雪表層雪崩
 規 模: 標高差約80m、流下距離約160m
 破断面: 北西、幅約50m、厚さ40~150cm、斜度34度
 弱 層: こしもざらめ雪 厚さ1cm弱
 滑り面: 融解凍結クラスト

dc031474.jpg

 調査結果につきましては、日本雪崩ネットワークから速報が公表されています。

日本雪崩ネットワーク速報

 また近日中に防災科研からも公式報告が出る予定です。

情報提供:高村ガイド(山形)
プロフィール

TMGNET

Author:TMGNET
東北マウンテンガイドネットワークのブログへようこそ!
各地の山の様子をお知らせ致します。
(画像は飯豊を北限とするハクサンコザクラ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
会協賛リンク